ブランド名コスメデコルテ
商品名ホワイトロジスト ブライト コンセントレイト
内容量40 ml
こんなお肌におススメしみ
標準価格
(税込)
16,500 円
販売会社株式会社コーセー

【シミの根源まで浸透!?】コスメデコルテのホワイトロジスト ブライト コンセントレイトとは?


コスメデコルテのホワイトロジストラインの美白美容液「ブライト コンセントレイト」を紹介します。

コスメデコルテの美白美容液 ホワイトロジスト ブライト コンセントレイトとは

コスメデコルテの美白美容液「ホワイトロジスト ブライト コンセントレイト」は、美白効果を発揮するコウジ酸と、コスメデコルテ独自成分の「ブライトコンセントレイトコンプレックス」を配合した美容液。美白美容液です。

とりあえず、名前が長いですよね(^^;

ホワイトロジストはコスメデコルテの中の集中美白ケアのライン。

その中にある美白用美容液ということですから、コスメデコルテの技術の粋を集めたアイテムといえますね。

「ブライトコンセントレイト」は、「増える、濃くなるシミの生成を抑制するメカニズム」に着目して開発された「ブライトコンセントレイト コンプレックス」が配合されています。

公式サイトによると「シミのもとをつくる細胞『メラノサイト』に直接届いてメラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ」のだとか。

これまでもこういう技術を使った美白美容液はあったと思うのですが、コーセーが独自開発した「ブライト コンセントレイト コンプレックス」が採用されている点がポイントみたいですね。

「ビューティーザバイブル シーズン2」では、田中みな実さんが既に試されていると話されていましたね。

コスメデコルテの「ホワイトロジスト」ラインは、本気の美白ラインみたい

コーセーの最上級ブランドであるコスメデコルテの中でも美白に特化したラインが「ホワイトロジスト」です。

シミの原因に着目した技術で、美白を追求したいという方にはおススメです。

ただし、その分お値段もそれなり(!)ですので、覚悟しておきましょう(笑)

コスメデコルテ ホワイトロジスト ブライト コンセントレイトの使い方

コスメデコルテ「ホワイトロジスト ブライト コンセントレイト」の公式サイトによると基本的な使い方は次のような感じです。

  1. 化粧水でお肌の保湿をします
  2. 手のひらに「ホワイトロジスト ブライト コンセントレイト」を適量取ります
  3. 顔全体になじませます

「ホワイトロジスト ブライト コンセントレイト」は、一般的な美容液と同じように朝と夜、1日2回使用することが想定されています。

公式サイトを見てみたのですが、1回の使用量については特に記載がありませんでした。

適量は特に決まっておらず、使う人の感覚で使用することが想定されているみたいですよ。そのため、使用期間については特別設定をしておりません。

「ホワイトロジスト」というラインを考えると、どちらかというと美白集中ケアをする際に使用する美容液だと思います。

そのため、「ここぞ!」という時の少し前から事前準備としてこちらのアイテムを使用してコンディションを整えていくという使い方がいいかもしれませんね。

何と言ってもお値段もしますので(^^;、普段使いではなく集中ケア用のアイテムとして捉えておきましょう。

 

まとめ

コスメデコルテのホワイトロジスト「ブライト コンセントレイト」についてまとめました。

ホワイトロジストはコスメデコルテの美白に特化したライン。そして「ブライト コンセントレイト」はホワイトロジスト ラインの中の美白美容液です。

コーセー独自成分である「ブライト コンセントレイト コンプレックス」を配合した「ブライト コンセントレイト」は、シミの原因そのものにアプローチし、「ミクロなシミすら作らせない」をコンセプトにした美容液となっています。

商品コンセプトやお値段を考えると、普段使いの美容液というよりは美白のための集中ケアのための美容液として捉えた方がよさそうですね。

コスメデコルテというブランドのラインですから、少し手が届きづらいイメージも確かにあるわけですが、集中ケアのお気に入り探しの一貫として、一度試されるのもアリかもしれませんよ。

コスメデコルテの「ホワイトロジスト ブライト コンセントレイト」はアマゾンや楽天でも出品されています。本記事執筆時点で確かめた感じでは、公式サイトよりもお得に販売されているショップもあるみたいです。お値段的に考えると、公式で買うよりもアマゾンや楽天で購入してその分ポイントをゲットするという考え方もあるかもしれませんね。

コスメデコルテの「ホワイトロジスト ブライト コンセントレイト」が気になる方は、公式サイトもチェックしてみてください。

特集記事
official site
おすすめの記事
ナチュリエ ハトムギ浸透乳液
乳液
ナチュリエ ハトムギ浸透乳液

825 円(11 円/日)

ナチュリエの「ハトムギ浸透乳液」は乳液です。ハトムギ化粧水で有名なナチュリエから、「ハトムギ化粧水やハトムギ保湿ジェルで補給した水分を保ちたい」という声に応えて発売されました。使用感は、べたつかず、無香料、無着色、アルコールフリーなので、敏感肌の方でも使えるアイテムとなっているようですよ♪

ディープモイスチャースプレー
化粧水
ディープモイスチャースプレー

2,750 円(26 円/日)

キュレルの「ディープ モイスチャー スプレー」は化粧水です。2020年の発売以来、さまざまなユーザーに指示されてきた、スプレータイプのミスト状化粧水。キュレルと言えば乾燥性敏感肌に向けての優しいケア製品を数々生み出しているブランド。肌荒れやかさつきを繰り返すお肌に、顔だけでなく身体に対しても使える保湿スプレーとなっています。

アクフォンス ハイドレイティング ローション
化粧水
アクフォンス ハイドレイティング ローション

8,800 円(220 円/日)

SUQQUの「アクフォンス ハイドレイティング ローション」は化粧水です。お肌にす~っと入っていき、艶と透明感のお肌へと導いてくれるアイテムです。このアイテムは、SUQQUが2021年9月に発表したばかりの新ライン「AQUFONS(アクフォンス)」の一つ。「AQUFONS」というのは「AQUA(水)」と「FONS(湧きあふれる泉)」からなる造語で、「命を満たす湧き水のような、うるむ艶感を湛えた肌印象をめざし」たラインという意味なんだそうです。そしてアクフォンスラインの一番の特徴は「AQUFONSコンプレックス」と呼ばれるSUQQU独自配合の成分が含まれていることにあります。

Wトリートメントオイル
美容液
Wトリートメントオイル

4,400 円(44 円/日)

RMKの「Wトリートメントオイル」は美容液です。最大の特徴は、オイル層とうるおい層をひとつにする構造でしょう!油性と水性それぞれの作用でお肌にアプローチするので、肌をやらわげ角質層もすみずみまで潤います。乾燥を防ぐラッピング効果とバリア機能をサポートする効果もあるので、お肌の乾燥やハリ不足が気になる方には特にオススメです。

コアバランス トーニングマスク セット
マスク・パック
コアバランス トーニングマスク セット

6,600 円(1,100 円/日)

アスレティアの「コアバランス トーニングマスク セット」はマスクです。ヒメフウロエキス、宇治茶エキス、シソ葉エキスなどの植物由来の保湿成分が、コットン由来100%のシートにたっぷり含まれていて、お肌へとぴったりと寄り添い、潤いを与えてくれます。アスレティアならではの『clean beauty』の考えに基づいたアイテムになっています。

エミング ローション R
化粧水
エミング ローション R

8,580 円(505 円/日)

THREEの「エミング ローション R」は化粧水 です。「エミング」シリーズは、THREEのエイジングスキンケアアイテムとなっています。2022年にリニューアルされ、オーガニック認定を受けている天然原料が、たくさん配合されているんです。また、この「エミング」シリーズは「女性特有の肌リズムのゆらぎ」に着目して開発されています♪

ポア クレンジング セラム
美容液
ポア クレンジング セラム

4,400 円(88 円/日)

SUQQUの「ポア クレンジング セラム」は洗い流すタイプの美容液です。こちらのアイテムは、商品名に「セラム(美容液)」と名前がついていますが、洗顔アイテムのような使い方をするんですよね。このアイテムの役割は、私たちにとって最大級のお肌悩みの一つである「角栓除去」。洗顔でお肌の汚れを取り除いた後で、「ポア クレンジング セラム」が毛穴の奥に居座っている角栓を溶かし・砕いて、水で落としやすくしてくれんだそうです。