ブランド名SHISEIDO
商品名ビオパフォーマンス スキンフィラー
内容量60 ml
こんなお肌におススメたるみ
しわ
乾燥
利用の目安約60日間
標準価格
(税込)
35,200 円(日当り単価:587 円/日)
販売会社資生堂ジャパン株式会社
製造会社株式会社資生堂

【分子の大きさを操り内側から輝く肌へ】SHISEIDOの「ビオパフォーマンス スキンフィラー」とは?


SHISEIDOの「ビオパフォーマンス スキンフィラー」を紹介します。

SHISEIDOの「ビオパフォーマンス スキンフィラー」とは

SHISEIDOの「ビオパフォーマンス スキンフィラー」は美容液です。

「ビオパフォーマンス」ラインは、生物学と科学技術を組み合わせたバイオテクノロジーの先進的な技術で、肌のメカニズムを研究し、肌本来の力を引き出して、これまでにない可能性を広げることを使命としているシリーズです。

SHISEIDOの「ビオパフォーマンス スキンフィラー」には、ヒアルロン酸を肌へ届けるために独自のモレキュシフトテクノロジーが搭載されています。

モレキュシフトテクノロジーとは、ヒアルロン酸分子の大きさを調節する技術のことです。ヒアルロン酸を効率よく肌に浸透させるためには、分子量が大きいヒアルロン酸を小さくすることが必要です。

しかし、浸透してからもヒアルロン酸の分子量が小さいままだとヒアルロン酸の効果が下がってしまうため、肌にヒアルロン酸が浸透したところで、ヒアルロン酸の分子量の大きさをもとに戻し、ヒアルロン酸の本来の保水力の効果を発揮できるようにしているんです。

この最先端のSHISEIDO独自の技術が、内側からうるおってハリと弾力のある肌へと導いてくれます

夜用美容液の「ビオパフォーマンス インフィル セラム」が、小さくなったヒアルロン酸を肌の隅々まで届け、朝用美容液の「ビオパフォーマンス フルエクスパンション セラム」が小さくなったヒアルロン酸の大きさをもとに戻してくれるという、二つで一つのアイテムとなっています。

夜用美容液は、透明でみずみずしくスッーと伸びていくようなテクスチャーとなっていて、朝用美容液は柔らかい乳液状のタイプになっていて、夜用美容液と同様によく伸びるテクスチャーとなっているようです。

口コミでは「香りもなく敏感になった肌にも使えそうな感触でとても良かったです。」と言った声や「香りは特に感じなくて、夜用の方が若干スッとするにおいがあるかな。朝用はほぼ無臭。いずれにしても香料っぽさはなくて、使いやすい。」といった声がありました。

香りも少ないということなので、寝る前やメイク前などにも使いやすいアイテムとなっているようです。

Kakutani Channelでは「ビオパフォーマンス スキンフィラー」を紹介した動画が配信されていました。

↓で共有させていただきますので、こちらをご覧ください。

SHISEIDOの「ビオパフォーマンス スキンフィラー」の使い方

SHISEIDOの「ビオパフォーマンス スキンフィラー」の基本的な使い方ですが、公式サイトでは次のように紹介されています。

夜使用する「インフィル セラム」の使い方は次のとおりです。

SHISEIDOの「ビオパフォーマンス スキンフィラー(インフィル セラム)」の使い方
  • 夜の洗顔、または化粧水で肌を整える工程まで済ませる
  • ディスペンサー1回押し分をとる
  • 顔全体にていねいになじませる

朝使用する「フルエクスパンション セラム」の使い方は次のとおりです。

SHISEIDOの「ビオパフォーマンス スキンフィラー(フルエクスパンション セラム)」の使い方
  • 朝の洗顔、または化粧水で肌を整える工程まで済ませる
  • ディスペンサー1回押し分をとる
  • 顔全体にていねいになじませる

※SHISEIDOのアルティミューンと併用される場合は、アルティミューンの後に使うことが推奨されています♪

YouTubeの資生堂の公式チャンネル「資生堂 Shiseido Co., Ltd.」の中で、SHISEIDOの「ビオパフォーマンス スキンフィラー」を説明した動画が配信されていました。

これはとても参考になると思いましたので、↓で共有させていただきますね♪

SHISEIDOの「ビオパフォーマンス スキンフィラー」の使用期間

SHISEIDOの「ビオパフォーマンス スキンフィラー」は2種類の美容液が1セットになっています。

それぞれの美容液の内容量は30mlです。(当ページの内容量の表示は、サイトの構成の都合上(^^;、2種類の美容液の容量を合わせた容量である60 mlを表示しています

資生堂公式オンラインストアwatasi+では、SHISEIDOの「ビオパフォーマンス スキンフィラー」の使用期間の目安は「約2カ月(使用方法にそった使い方での目安)」と書かれていました。

1ヶ月を30日と考えると、60日間になりますね♪

今回は1回分の使用量の目安を計算していきたいと思います。

夜用と朝用の美容液ということなので、夜と朝、それぞれを1日に1回使用すると仮定するとSHISEIDOの「ビオパフォーマンス スキンフィラー」の1回分の使用量の目安は次のように計算できます。

30 ml ÷ 60日× 1 回/日 = 0.5 ml

1回分の使用量は0.5mlほどになると考えてよさそうです。

1円硬貨大の美容液は、おおよそ0.4 mlと言われています。そのため「ビオパフォーマンス スキンフィラー」は1円硬貨大より若干大き目の量を使用するというイメージになると思います♪

以上より当サイトでは60日間を使用期間の目安として、日当り単価を計算したいと思います。

まとめ

SHISEIDOの「ビオパフォーマンス スキンフィラー」についてまとめました。

SHISEIDOの「ビオパフォーマンス スキンフィラー」は美容液です。

SISEIDO独自のモレキュシフトテクノロジーが搭載され、効率よく肌へヒアルロン酸を届け、内側からのうるおいとハリ、弾力のある肌へと導いてくれるという特徴を持った美容液です。

肌のハリや弾力が気になる方、乾燥による小じわが気になる方におすすめのアイテムと言えそうです。

SHISEIDOの「ビオパフォーマンス スキンフィラー」は、公式サイト以外に楽天市場などの通販サイトでも販売されています。楽天市場では、SHISEIDOの公式ショップではありませんが、価格は公式サイトと同じ金額を提示するショップもあります。ですので、普段、楽天市場を利用しているという方でも安心してお買い物ができると思いますよ♪

SHISEIDOの「ビオパフォーマンス スキンフィラー」が気になる方は、公式サイトもチェックしてみてください。


official site
おすすめの記事
テイク ザ デイ オフ クレンジング バーム
クレンジング
テイク ザ デイ オフ クレンジング バーム

4,840 円(173 円/日)

クリニークの「テイク ザ デイ オフ クレンジング バーム」はクレンジングです。「テイク ザ デイ オフ クレンジング バーム」は、保湿成分としてハイブリッドサフラワーオイルが配合され、しっとりとした洗いあがりを実現。パラペンやフタル酸エステル、香料は使用していません。油分が多く柔らかいテクスチャーのクレンジングで、香りは無香料となっていますよ♪

薬用クリアローション
化粧水
薬用クリアローション

1,980 円(110 円/日)

イハダの「薬用クリアローション(医薬部外品)」は化粧水です。イハダは、敏感肌用の化粧品です。高精製ワセリンが乾燥や花粉などの外からの刺激から肌を守ります。また、肌のうるおいが外に逃げるのを防いで、敏感肌から正常な肌へ戻してくれるようなシリーズのアイテムになっています。そして、外部の刺激から肌を守るだけではなく、グリチルリチン酸塩が入っているので肌荒れやニキビなどの肌トラブルも予防してくれます。

ホワイトショットMX
乳液
ホワイトショットMX

12,100 円(121 円/日)

ポーラが開発した美白有効成分PCE-DP(ピース ディーピー)を配合したホワイトショットの乳液。このPCE-DPは、10年ぶりに日本で新しく承認されたという美白の有効成分。ポーラという高いブランド力と新技術があるからこそ、本商品には期待大です。細胞にエネルギーを充満させてメラニンを過剰に作らせないようにするというアプローチ「エネルギー美白」で、高い効果をねらいます!

フェイシャルソープ AD
洗顔
フェイシャルソープ AD

1,100 円(22 円/日)

アクセーヌの「フェイシャルソープ AD」は洗顔です。「フェイシャルソープ AD」は、オレイン酸やラウリン酸など肌への刺激となる成分を入れずに、低刺激にこだわったアイテムとなっています。また、低刺激ながらも、肌への刺激となる汗や皮脂汚れ、花粉などをしっかりと洗い流し、肌を清潔に保ってくれます。しっかりと保湿してくれるので健康な肌へ導いてくれます♪

アドバンス ナイト リペア SMR コンプレックス
美容液
アドバンス ナイト リペア SMR コンプレックス

14,850 円

エスティ ローダーの「アドバンス ナイト リペア SMR コンプレックス」は美容液です。この商品、名前が少し長いので以下では「アドバンス ナイト リペア」と書きますね(;´・ω・) ちなみに「SMR コンプレックス」は「アドバンス ナイト リペア」の5代目で、1982年に誕生してから40年近く愛され続けている美容液なんです。その最新作ということで、非常に期待できるアイテムといえそうですよ。