ブランド名ランコム
商品名レネルジー HCF トリプルセラム
内容量50 ml
こんなお肌におススメくすみ
たるみ
しわ
利用の目安約25日間
標準価格
(税込)
23,100 円(日当り単価:924 円/日)
販売会社日本ロレアル株式会社

【形にも意味のある美容液】ランコムの「レネルジー HCF トリプルセラム」とは?


ランコムの「レネルジー HCF トリプルセラム」を紹介します。

ランコムの「レネルジー HCF トリプルセラム」とは

ランコムの「レネルジー HCF トリプルセラム」は美容液です。

「レネルジー HCF トリプルセラム」は2022年1月1日に発売されたばかりの新しい商品です。

こちらの商品、ボトルがとても特徴的ですよね。

実はこのボトルの形には意味があるんです。

「レネルジー HCF トリプルセラム」のボトルの中には、3つの容器が入っていて、プッシュするとそれら3つの成分が押し出されるという仕組み。

わざわざボトルの中で3つに分けているのには意味があって、使用直前までそれぞれの成分の有効性がより高い状態になるようにするためにこうしてあるみたいですよ♪

ちなみに商品名の中にある「HCF」というのが、その3つの成分それぞれの頭文字でできています。

  • H・・・ヒアルロン酸+リンシードペプチド
  • C・・・ビタミンC誘導体+ナイアシンアミド
  • F・・・フェルラ酸

よく考えられていますよね(^ω^)

多くの美容液ではできるだけ有効成分が低下しないようにいろいろと工夫して混ぜてあるわけですが、そもそも使う直前まで最もいい状態になるように分けることで3つの成分の有効性を最大限引き出そうという訳ですね。

でも、これってどの美容液でもできることではなくて、それ相応の技術力やコストがかかることで、それがお値段にも反映されているという訳ですね(;´∀`)

「レネルジー HCF トリプルセラム」には友利新先生も大絶賛!

今回ご紹介する「レネルジー HCF トリプルセラム」ですが、実は皮膚科医の友利新先生も動画の中で大絶賛でした。

2022年の新年一回目の動画で「レネルジー HCF トリプルセラム」をとりあげられていますよ。

「レネルジー HCF トリプルセラム」を構成する3つの有効成分についての説明なども友利新先生の動画で詳しく解説されています。

↓で共有しておきますので、気になる方はこちらもご覧くださいね。

 


ランコムの「レネルジー HCF トリプルセラム」の使い方

公式サイトによるとランコムの「レネルジー HCF トリプルセラム」の基本的な使い方は次のようになります。

なお、「レネルジー HCF トリプルセラム」は一般的な美容液と同様に、朝と夜、1日に2回使うことが想定されています。

ランコムの「レネルジー HCF トリプルセラム」の使い方
  • 洗顔から化粧水までお手入れを終わらせる
  • 適量(2プッシュを目安に)を手のひらに出す
  • 手のひらで3つのフォーミュラをよく混ぜ合わせる
  • 顔の中央から外側へ、そして首もとになじませる

↑でも書きましたが、基本は一般的な美容液と同じと考えればよさそうです。

ちなみに、初めて使う時には「3つのフォーミュラが出るまでポンプを空押し」してくださいね。

ランコムの「レネルジー HCF トリプルセラム」の使用期間

「レネルジー HCF トリプルセラム」の使用期間の目安はランコムの公式サイトには書かれていませんでした。

「レネルジー HCF トリプルセラム」を1回使う量の目安は、「2プッシュ」と公式サイトに書かれています。この「2プッシュ」の量が問題なのですよね。

実際に1プッシュ出してみると、大体パール大よりも少し小さいくらいではないかと思いました。パール1個分を仮に0.5 mlくらいと考えるとパール2個分で1 mlほどになりますね。

「レネルジー HCF トリプルセラム」は一般的な美容液と同様、朝と夜、1日に2回の使用が想定されていますので、使用期間は次のように計算できます。

50 ml ÷ (1.0 ml/回 × 2 回/日)= 25 日

以上から当サイトでは25日間を使用期間の目安として、日当り単価を計算したいと思います。


まとめ

ランコムの「レネルジー HCF トリプルセラム」についてまとめました。

ランコムの「レネルジー HCF トリプルセラム」は美容液です。

ボトルの形が特徴的な「レネルジー HCF トリプルセラム」は、1つのボトルに3つの容器が入っていて、それぞれの美容成分が使用直前まで高い有効性を保てるように工夫されているのが最大のポイントになっています。

ランコムの「レネルジー HCF トリプルセラム」は公式サイト以外にアマゾンや楽天市場などの一般的な通販サイトでも販売されています。ただし、本記事執筆時点で調べてみたところ、それらの通販サイトではかなりお高い価格設定になってしまっているようです(^^; 公式サイトでも「在庫切れ」になっていることからその理由は、あまりにも人気があるためだと思われます。

そもそも、こちらの商品は2022年1月1日に発売されたばかりの商品ということもあり、需要と供給が安定していないことも「在庫切れ」になっている一因ではないかとも考えられます。そのため、もう少し時間が経てば、価格も安定してくると思いますので、「すぐに使いたい!」という人以外はもう少し様子見してもいいかもしれませんね♪

ランコムの「レネルジー HCF トリプルセラム」が気になる方は、公式サイトもチェックしてみてください。


official site
おすすめの記事
クールジェリーエッセンス
美容液
クールジェリーエッセンス

1,200 円(24 円/日)

モイスチュアマイルド ホワイトの「クールジェリーエッセンス」は美容液です。このアイテムは、医薬部外品となっていて、有効成分としてナイアシンアミドが配合されていますよ。「クールジェリーエッセンス」の特徴は、つけたときにひんやりする冷感ジェリータイプとなっていることです。紫外線ダメージを受けた火照った肌も、ひんやりとケアしてくれますよ♪

ジェニフィック アドバンスト バイオセルロース マスク
マスク・パック
ジェニフィック アドバンスト バイオセルロース マスク

1,540 円(1,540 円/日)

ランコムの「ジェニフィック アドバンスト バイオセルロース マスク」はシートマスクです。「美肌菌」に着目したランコムのジェニフィックラインのシートマスクになります。「美肌菌」発想ということで、敏感肌や荒れた肌にも安心して使えるシートマスクと言えそうです。ジェニフィックの美容液もたっぷりと含侵されていますので、お肌への実感力も期待大♪

スマイルパフォーマー
マスク・パック
スマイルパフォーマー

6,050 円(1,513 円/日)

カネボウの「スマイルパフォーマー」は笑顔を形作る設計となっているシートマスクです。このシートマスクはマスクの下半分をこめかみ部分にフィットさせることで、口角を吊り上げるような設計になっているんです。そのため、マスクをしている間は実際に口角が吊り上げられた状態になって、筋肉に刺激を与えるというわけなんですね。

ミセラーアイメイクアップ リムーバー
クレンジング
ミセラーアイメイクアップ リムーバー

935 円(31 円/日)

ビフェスタの「ミセラーアイメイクアップ リムーバー」はクレンジングです。2011年の発売開始後、ポイントメイクリムーバー部門でベストクレンジング賞に長年入賞している人気のリムーバー。ウォータープルーフのアイライナーやマスカラ、濃いめのリップまで、デリケートな目元や口元をいたわりながらメイクをオフしてくれます。

スキンケアクレンジング
クレンジング
スキンケアクレンジング

1,320 円(33 円/日)

パラドゥの「スキンケアクレンジング」はクレンジングです。美容液成分90%で構成されたミルクタイプのクレンジングで、スキンケアのように肌に優しいのに、しっかりアイメイクまでスルッと落とせる優秀なアイテムです。クレンジング成分が横一列に並び、メイクを広い面でからめとるのでアイメイクも負担なくオフすることができますよ♪

モイスチュア バーム
クリーム
モイスチュア バーム

1,320 円(33 円/日)

カルテHDの「モイスチュア バーム」はバームタイプのクリームです。「バームタイプのクリーム」って、自分で書いていても何だか変な感じがするのですが、バーム状であるものの役割としてはクリームの働きをしてくれるというアイテムです。小型のチューブタイプなので、いつでもどこでも持ち運べるのが特徴ですね。カルテHDの「モイスチュア バーム」はバームタイプのクリームです。「バームタイプのクリーム」って、自分で書いていても何だか変な感じがするのですが、バーム状であるものの役割としてはクリームの働きをしてくれるというアイテムです。小型のチューブタイプなので、いつでもどこでも持ち運べるのが特徴ですね。

オールインワンシートマスク センシティブ
マスク・パック
オールインワンシートマスク センシティブ

1,738 円(109 円/日)

クオリティ ファーストの「オールインワンシートマスク センシティブマスク」はマスクです。オールインワンシートマスクということで、洗顔後これ1枚でスキンケアを完了させることができます。敏感肌用のため、肌をやさしくいたわりながら、調子を整えてくれます。弱酸性となっていて、いかに肌への刺激を少なくするかがしっかりと考えられていますよ♪