ブランド名カネボウ
商品名カネボウ オン スキン エッセンス F
内容量125 ml
利用の目安約41日間
標準価格
(税込)
11,000 円(日当り単価:268 円/日)
販売会社株式会社カネボウ化粧品
製造会社株式会社カネボウ化粧品

【ナノサイズのオイルが保湿をサポート】カネボウ「カネボウ オン スキン エッセンス F」とは?


カネボウの化粧水「カネボウ オン スキン エッセンス F」を紹介します。

カネボウの化粧水「カネボウ オン スキン エッセンス F」とは

カネボウの「カネボウ オン スキン エッセンス F」は化粧水です。

オイルをナノサイズ化する技術を採用。非常に小さな粒となったオイルがお肌の角層まで浸透して、しっかりと潤いを閉じ込めます。

これによってお肌の水分と油分とのバランスが保たれ、みずみずしさをキープしてくれるというわけですね。

また「カネボウ オン スキン エッセンス F」のもう一つの特徴が「香り」。「カネボウ オン スキン エッセンス F」にはカネボウが2010年に独自開発した茶花の香りを再現した香料「ティートピア」が配合されています。

カネボウは自社で開発したこの「ティートピア」に、気分をリフレッシュする効果があることも確認しているみたいですよ。

詳しくは2010年にカネボウが発表している次の資料をご確認くださいね♪(ちょっと長いタイトルですが(^^;、PDFになっています)

「カネボウ オン スキン エッセンス F」については、イメージビデオ的な内容しか見つけられませんでしたが、YouTubeのカネボウ公式チャンネルで次のような動画がありましたので共有しておきますね。

カネボウの化粧水「カネボウ オン スキン エッセンス F」の使い方

公式サイトによるとカネボウの化粧水「カネボウ オン スキン エッセンス F」の基本的な使い方は次のようになります。

基本的には一般的な化粧水と同じように使えばよく、朝と夜の2回使うことが前提となっているのだと思います。

カネボウの化粧水「カネボウ オン スキン エッセンス F」の使い方
  • 洗顔をする
  • 手のひらまたはコットンに適量を取り、顔全体になじませる
    • 手のひらの場合:1回の使用量は直径3 cm(約1.5 ml)が目安
    • コットンの場合:1回の使用量はコットンが充分ぬれるくらいが目安

手のひらに適量を取って使う場合は、複数回に分けて使うことも推奨されているみたいです。

化粧水を複数回に分けてつけるといえば、やっぱり601円づけですよね( ´艸`)

当サイトでは美容家 小林ひろ美さんの601円づけを機会のあるごとに紹介していますが、今回も紹介させていただきますね。

簡単に説明をすると、普通は500円硬貨大の量の化粧水を1回だけ手に取って付けているのを、3回に分けて顔になじませる方法のことです。

最初は500円硬貨大、次は100円硬貨大そして最後は1円硬貨大を手に取って段階的につけていくという点がポイント。

この方法はYouTubeのVoCE公式チャンネルで小林ひろ美さん自らがご出演されている動画が配信されていますので、共有しておきますね。

カネボウの化粧水「カネボウ オン スキン エッセンス F」の使用期間

カネボウの化粧水「カネボウ オン スキン エッセンス F」の公式サイトによると、1回の使用量の目安は直径3 cm大(1.5 ml)とのことでした。

朝と夜、1日に2回使用すると、1日あたり3.0 ml消費することになります。すると次のように計算できます。

125 ml ÷ 3.0 ml/日 ≒ 41 日

つまり約1ヶ月半弱で1本使う計算になりますね。

化粧水は人によっても使用量にばらつきがあると思いますし、目分量で手に取るわけなので、大体1ヶ月に1本が目安になるんじゃないかと思います♪(でも日当り単価では、41日を使用しますね(^^;)

まとめ

カネボウの化粧水「カネボウ オン スキン エッセンス F」についてまとめました。

カネボウの「カネボウ オン スキン エッセンス F」はナノサイズのオイルが配合された浸透力に期待が持てる化粧水です。

ナノサイズのオイルだけではなく、「ティートピア」とよばれるカネボウ独自開発の香り成分が配合されているのも大きな特徴です。カネボウの研究によると、この「ティートピア」にはリラックス効果があると証明されたそうで、朝と夜お肌に潤いを与えながら心身ともにリラックスできそうですよ。

「ビューティーザバイブル シーズン2」では美容家の小林ひろ美さんがこのアイテムを紹介されていました。小林さんが紹介してくださるくらいですから、保湿にも期待が持てるアイテムとして信頼できそうですね。

カネボウの化粧水「カネボウ オン スキン エッセンス F」はアマゾンや楽天市場でも出品されています。アマゾンはおそらくカネボウの公式が出品していると思われます。価格面ではどちらの通販サイトで購入してもほぼ変わりないこともわかりました。

カネボウは独自の通販サイトをもっていないようですので、もし公式的に入手したいということであればアマゾンのカネボウ公式ショップを通じて購入するか、あるいは実店舗を利用するのがよいと思います。(ただし、アマゾンではくれぐれも公式か他のショップによる出品かを見極めてくださいね(^^;)

カネボウの化粧水「カネボウ オン スキン エッセンス F」が気になる方は、公式サイトもチェックしてみてください。

特集記事
official site
おすすめの記事
ローションイドロAn
化粧水
ローションイドロAn

12,650 円(422 円/日)

クレドポーボーテの「ローションイドロ An」は化粧水です。「肌の知性」に着目したミルクタイプの化粧水で、保湿力抜群のとろみのあるモイストローション。「肌の知性」とは、すべての人が生まれつき持っている美しさの鍵だそうで、本来のお肌のすこやかさを保つための技術が詰まっている、卓越した化粧水とのこと。乾燥による小じわを目立たせなくする効果があり、お肌の角層の隅々までみずみずしく解きほぐし、きめ細やかでつるんとした手触りに導きます。そのため、毛穴も目立ちにくくなり、くすみが抜けてトーンアップも期待できるようですよ。

クラリファイイング ジェル ウォッシュ
洗顔
クラリファイイング ジェル ウォッシュ

4,950 円(177 円/日)

エストの「クラリファイイング ジェル ウォッシュ」は洗顔です。顔色がくすんで見える原因にもなる毛穴に詰まった角栓・古い角質をしっかりと洗い落とし、澄み切った肌に導きます。トコフェロールやソルビトールといった保湿成分を配合。頼もしい洗浄力なのにも関わらず、うるおいを守り、洗い上がりはしっとりもちもちの肌に。そして洗顔料としては珍しいジェルタイプ!肌にピタッと密着するから、古い角質や汚れをスッキリと取り除いてくれるのですね♪

MT クレンジング・ジェル
クレンジング
MT クレンジング・ジェル

5,500 円(183 円/日)

MT クレンジング・ジェルは油分を含まないジェルタイプのクレンジングで、ジェルタイプなのにしっかりとメイクを落としてくれて、それでいて洗った後も突っ張らないのが評判の良い理由。保湿成分配合なので、洗浄後もちゃんと潤いを残してくれるため、洗いすぎで乾燥するのが心配な方も安心してお使いいただけますよ♪

エスト ザ ローション
化粧水
エスト ザ ローション

6,600 円(189 円/日)

エストの「ザ ローション」は化粧水です。砂漠の塩湖でも自らの水分を逃がさない「Halomonas elongata」という限環境生物が生み出す成分「エクトイン」に着目した化粧水。高保湿系の化粧水で、乾燥肌の方にはおススメしたい一品です。この「エクトイン」が肌の角層細胞内の潤いを保つので明るくハリのあるお肌に導くのだとか。キャッチコピーに「貯水化粧水」という文句を入れているほど高い保湿性を実現した商品みたいですね。

アルティミューン パワライジング コンセントレート Ⅲ
美容液
アルティミューン パワライジング コンセントレート Ⅲ

13,200 円(220 円/日)

資生堂の「アルティミューン パワライジング コンセントレート Ⅲ」は美容液です。免疫美容の最先端テクノロジーの粋が結集した「アルティミューン パワライジング コンセントレート Ⅲ」は、お肌のエイジングケアをベースに、もっちり・ふっくらした仕上がりへと導いてくれますよ。「アルティミューン パワライジング コンセントレート Ⅲ」は美容液なのですが、実は他の美容液と比べて変わったところがあるんです。現在使っている、お肌と相性のいいアイテムたちの力を更に引き出してくれるというスタンスなので、使い始める前にお肌との相性を心配する必要もなさそうですね♪