ブランド名福美人
商品名福美水
内容量200 ml
こんなお肌におススメ乾燥
ざらつき・ごわつき
利用の目安約55日間
標準価格
(税込)
1,980 円(日当り単価:36 円/日)
販売会社福美人株式会社

【お肌のトラブルにはこれ!常備薬のようなお守りコスメ】福美人の「福美水」とは?


福美人の「福美水」を紹介します。

福美人の「福美水」とは

福美人の「福美水」は化粧水です。

現代のお肌は大気汚染や強力な紫外線など様々なストレスにさらされていますよね。

過酷な環境下にあると肌荒れや乾燥といった肌トラブルはどうしても避けられません。

そんな様々な肌悩みを改善できるケア用品として誕生したのが福美人の「福美水」です。

やさしい処方の秘密は古くから日本人に親しまれていた和漢薬草にあります。

主成分のヨモギやクマザサは、生薬や漢方として飲み薬や肌の手当てに使用されてきた薬草です。

昔から信頼されてきた植物の恵みこそ日本人の肌に一番合うはず!という考えから、「福美水」はこれらの薬草をふんだんに使用しています。

そのため、「福美水」のターゲットはゆらぎ肌全員です!

アレルギーなどの本格的な敏感肌でも使用できますので、敏感肌用を使っても荒れてしまうとお悩みの方は「福美水」を使うことで肌質改善が期待できますよ。「常備薬のようなお守りコスメ」として1本置いておくと安心できますね。

美しい肌になるために大切なのは強い土台作りです。「福美水」を使うことで荒れてしまった肌も、まずはマイナスからゼロの状態である健やかな肌に戻り、さらに使い続けることでダメージを受けにくい、強い美肌へと整えてくれますよ。


福美人の「福美水」の使い方

福美人の「福美水」の基本的な使い方ですが、公式サイトによると次のようになります。

福美人の「福美水」の使い方
  • 洗顔をすませる(あるいは、入浴をすませる)
  • 手のひらに適量(ポンプ3プッシュ分)を取る
  • 顔全体になじませる

肌が濡れているうちに、バシャバシャとたっぷり使うのがいいみたいです♪

全身に使う場合はお風呂上りがオススメ!お風呂からあがって体がまだ濡れている状態で、お顔同様バシャバシャとたっぷりお使いください。その後、タオルで拭いたらお手入れ完了です。

「福美水」はプレ化粧水やコットンパックとしても使用できます。肌のごわつきが気になるときはコットンにたっぷりふくませ、気になるところをパックしてみてください。みずみずしく潤って透明感がアップしますよ。

「福美水」はとにかくたっぷり使うことがポイントです。500mlの大容量タイプなので、惜しみなく使ってくださいね。

YouTubeの福美水公式チャンネルで使い方の動画が配信されていました。とても参考になりますので、共有↓させていただきますね。

福美人の「福美水」の使用期間

残念ながら公式サイトには福美人の「福美水」の使用期間の目安は書かれていませんでした。

ですが、200mlサイズの使い方のページに1回の使用量が「500円玉大×3」と記載されていましたので、この情報をもとに使用期間の目安を計算したいと思います。

調べてみたところ「500円玉大」は一般的に約1.5mlという情報を得ました。

「500円玉大×3」なので、1回の使用量は約4.5mlとなります。朝と夜、1日2回使用すると仮定して、福美人の「福美水」の使用期間は次のように計算できます。

500 ml ÷ (4.5 ml/回 × 2 回/日) ≒ 55日

福美人の「福美水」は顔からだ用なので、全身に使用した場合はもう少し期間が短くなりそうですね。

本記事では顔のみ使用した場合で、55日間を使用期間の目安として日当たり単価を計算したいと思います。


まとめ

福美人の「福美水」についてまとめました。

福美人の「福美水」は化粧水です。

古来より日本人に親しまれてきた薬草をふんだんに使用した化粧水で、あらゆる肌トラブルを改善できる「常備薬のようなお守りコスメ」です。

ですが、お肌が荒れてしまった時に新しいケア用品を試すのはちょっと抵抗がありますよね。私の肌には合わなかった…ということは筆者もよく経験しております。

そんな方にオススメなのが公式サイトから販売されているトライアルキットです。ミニサイズのクレンジングと化粧水とクリームジェルが1,320円とお得な価格で購入できますよ。まずはミニサイズでお肌との相性を確認されてみてはいかがでしょうか?

化粧水だけ使用したい方は200mlサイズもありますので、こちらから試してみるのもいいですね。

福美人の「福美水」は公式サイトの他に楽天市場やアマゾンなどの通販サイトでも販売されています。楽天市場、アマゾン共に公式ショップがあり、公式サイトと同じ値段が提示されていますので、普段アマゾンや楽天市場を利用されている方も安心して購入できますね。

福美人の「福美水」が気になる方は、公式サイトもチェックしてみてください。


official site
おすすめの記事
マイルドクレンジングオイル
クレンジング
マイルドクレンジングオイル

1,870 円(31 円/日)

ファンケルの「マイルドクレンジングオイル」はクレンジングオイルです。オイルタイプのクレンジングで、落ちにくいメイク、ざらつきや毛穴の中まですっきり落とせるのに、潤いはバッチリ残してくれるというのが特徴のアイテム。お値段もリーズナブルに設定されていますよね。詳細について記事にまとめました。

ヴェイル オブ デイ
UV
ヴェイル オブ デイ

5,500 円(69 円/日)

カネボウの「ヴェイル オブ デイ」はUVです。カネボウの「ヴェイル オブ デイ」は日焼け止めでありながら、美容液の役割もしてくれて、化粧下地としても使えるアイテム。SPF50・PA+++でありながら、のびがよくなめらかな着け心地と夕方まで潤い続ける肌を作ってくれます。水相成分約75%を含む美容液が、みずみずしい水膜ヴェイルを形成しているということがポイントになっています。

スペシャルジェルクリームA(ホワイト)
オールインワン
スペシャルジェルクリームA(ホワイト)

1,980 円(13 円/日)

アクアレーベルの「スペシャルジェルクリームA(ホワイト)」はオールインワンジェルクリームです。オールインワンなので、いくつもの機能を果たすわけですが、こちらの商品は化粧水、乳液、美容液、クリームそしてマスクの5つの機能を果たす優れもの。商品名に「ジェルクリーム」とついていますが、テクスチャーは練乳くらいにゆるい感じで、お肌につけるとスーっと伸びていきます。商品の詳細について調べた結果を記事にまとめました。

シカグロウ モイスチャーマスク
マスク・パック
シカグロウ モイスチャーマスク

3,080 円(770 円/日)

シトラナの「シカグロウ モイスチャーマスク」はマスクです。アクティシカと呼ばれる、3種類の成分を高配合した美容液がたっぷりと含まれたシートマスクで、1週間に1度のスペシャルケアとして取り入れることで、みずみずしく潤いのある明るい肌へと整えてくれるアイテムです。アクティシカとは、「ツボクサエキス」「ツボクサ葉エキス」「マデカッソシド(整肌成分)」の3つの成分で、季節の変わり目などでときどき敏感肌になる方や、エイジングケアをしたい方へ、お肌の角層の奥深くまで有効な美容成分を届けてくれるモイスチャーマスクとなっています。

オフクリーム
クレンジング
オフクリーム

2,530 円(63 円/日)

オルビスの「オフクリーム」は潤いをしっかりキープし、「心地よさ」を追求したクリームタイプのクレンジングです。「心地よさ」を追求した商品というのが、なんだか意味深ですよね( ´艸`)。使う時の「心地よさ」を実現するために3点に着目したようです。一体どのようなクレンジングなのか、調査した結果をまとめました。

極潤プレミアム ヒアルロン乳液
乳液
極潤プレミアム ヒアルロン乳液

990 円(21 円/日)

肌ラボの「極潤プレミアム ヒアルロン乳液」は7種類のヒアルロン酸が配合された乳液です。まず肌ラボシリーズは「超」がつくほど有名ですし、このシリーズの商品は誰もが一度は使ったことがあるといってもいいほどどこのドラッグストアでも販売されているアイテムです。2020年にリニューアルされたこちらの商品の詳細をまとめました。

ポア クレンジング セラム
美容液
ポア クレンジング セラム

4,400 円(88 円/日)

SUQQUの「ポア クレンジング セラム」は洗い流すタイプの美容液です。こちらのアイテムは、商品名に「セラム(美容液)」と名前がついていますが、洗顔アイテムのような使い方をするんですよね。このアイテムの役割は、私たちにとって最大級のお肌悩みの一つである「角栓除去」。洗顔でお肌の汚れを取り除いた後で、「ポア クレンジング セラム」が毛穴の奥に居座っている角栓を溶かし・砕いて、水で落としやすくしてくれんだそうです。