ブランド名ドモホルンリンクル
商品名保湿液
内容量120 ml
こんなお肌におススメたるみ
乾燥
利用の目安約60日間
標準価格
(税込)
5,500 円(日当り単価:92 円/日)
販売会社株式会社 再春館製薬所
製造会社株式会社 再春館製薬所

【うるおいを保つ力をサポート】ドモホルンリンクルの「保湿液」とは?


ドモホルンリンクルの「保湿液」を紹介します。

ドモホルンリンクルの「保湿液」とは

ドモホルンリンクルの「保湿液」は化粧水です。

誰でも一度は見たことがあるドモホルンリンクルのCMですが、通信販売でしか手に入れることができないので、なかなか購入に踏み切れないという方も多いと思います。

実は、通信販売のみというのにはちゃんとした理由があり、大量生産をせずに作りたての製品を届けたいというこだわりがあるからなんです。

ドモホルンリンクルでは、漢方の製薬会社として漢方とサイエンスを融合させた、肌本来の力を呼び覚ましてくれるようなこだわりの詰まったアイテムが取り揃えられています。

その中でもとくに人気なのがドモホルンリンクルの「保湿液」です。

うるおいを与えるだけではなく、次のアイテムが浸透しやすいように肌を柔らかくときほぐして、肌に必要な成分を取り込みやすくしてくれるアイテムとなっています。

注目の成分は、まず「複合発酵エキス(アスペルギルス/(シライチアグロスベノリ果実/トチュウ葉/ハトムギ種子)発酵液)」が配合されていることです。この成分は、伝統的な漢方薬の成分で肌を健やかに保ち肌のうるおいを守ってくれます。

このほかにも、漢方の製薬会社ならではの厳選された21種類の天然由来保湿成分が配合されており、肌のキメを整える「泉州水茄子エキス」や肌にうるおいを与える「イチゴ花エキス」などが配合されています。

とろみのあるテクスチャーで、スッと肌に馴染むような使用感となっているとのこと。

口コミでは「CMのように、手が頬に吸い付きもちもちになります☆しっかり保湿をしてくれるのにベタつかず、肌も明るくなります。」と言った声や「何度もリニューアルチェンジしてる商品ですが、今の商品は、とろみがあるのに肌への吸い込みが良く、仕上がりがベタつきません。」といった声が見られました。

とろみのあるアイテムなので、べた付き感が気になるところではありましたが、口コミではべた付かないと感じる方が多いようでした。

また、通販のみのアイテムなので購入後の勧誘が多いのではないかと心配してしまいますが、電話注文以外にネット注文もでき、電話などもかかってくることはないそうですよ。

YouTubeの「美容家 石井美保 ボーテストTV」の動画も参考になると思います。

↓で共有させていただきますので、こちらをご覧ください。

ドモホルンリンクルの「保湿液」の使い方

ドモホルンリンクルの「保湿液」の基本的な使い方ですが、公式サイトでは次のように紹介されています。

ドモホルンリンクルの「保湿液」の使用方法
  • 手のひらに「100円玉大」をとる
  • 両方の手のひらに広げる
  • 顔全体にやさしくていねいに押さえ込んでなじませる(※表面の水っぽさがおさまったら2回目へ)
  • (2回目も)手のひらに「100円玉大」をとる
  • 手のひらに広げる
  • 顔全体にやさしくていねいに押さえ込む
  • 目のまわり、小鼻などには指先を使ってやさしく押さえ込む(※顔全体に手のひらが吸いつく感覚が出てきたら、お肌になじんだ合図)

YouTubeのドモホルンリンクル【公式】チャンネルの中で、ドモホルンリンクルの「保湿液」を説明した動画が配信されていました。

これはとても参考になると思いましたので、↓で共有させていただきますね♪

ドモホルンリンクルの「保湿液」の使用期間

ドモホルンリンクルの「保湿液」の内容量は、120mlです。

公式サイトにはドモホルンリンクルの「保湿液」の使用期間の目安は「約60日分」と書かれていました。

次に、1回分の使用量の目安を計算していきたいと思います。

基本的には一般的な化粧水と同様に朝と夜、1日に2回使用すると仮定するとドモホルンリンクルの「保湿液」の1回分の使用量の目安は次のように計算できます。

120 ml ÷ (60 日 × 2 回/日) = 1 ml/回

1回分の使用量は1 mlほどになると考えてよさそうです。

以上より、当サイトでは60日間を使用期間の目安として、日当り単価を計算したいと思います。

まとめ

ドモホルンリンクルの「保湿液」についてまとめました。

ドモホルンリンクルの「保湿液」は化粧水です。

漢方の製薬会社ならではの厳選された植物由来の成分が肌にうるおいを与え、次に使うアイテムの成分を浸透しやすくしてくれるという特徴を持った化粧水です。

乾燥が気になる方、30代からの年齢に合ったスキンケアアイテムをお探しの方におすすめのアイテムと言えそうです。

ドモホルンリンクルの「保湿液」は、公式サイト以外にアマゾンや楽天市場などの通販サイトでも販売されています。

アマゾンでは、ドモホルンリンクルの公式ショップがあり、価格も公式サイトと同じ金額が提示されています。

楽天市場では、公式ショップはなく、公式サイトよりも高い値段で販売しているショップもあります。また、製造地が熊本県益城町であることから、ふるさと納税の返礼品として手に入れることができるようです

ですので、普段アマゾンあるいは楽天市場を利用しているという方でも安心してお買い物ができると思いますよ♪

ドモホルンリンクルの「保湿液」が気になる方は、公式サイトもチェックしてみてください。


official site
おすすめの記事
ジェリーコンディショナー
化粧水
ジェリーコンディショナー

5,500 円(106 円/日)

クレスク by アスタリフトの「ジェリー コンディショナー」は化粧水です。もともと人の肌の角層にあるセラミドと同じ化学構造をもつ「ヒト型のセラミド」と「ヒト型のアシルセラミド」が配合されていて、肌なじみがよく、高い保湿が期待できるアイテムです。富士フイルム独自技術でナノ化されたセラミドなので肌への高い浸透力が期待できます♪

フェイシャルグロースマスク
マスク・パック
フェイシャルグロースマスク

1,051 円(1,051 円/日)

ハリッチの「フェイシャルグロースマスク」はマスクです。美容鍼の施術を受けた後にアフターケアとして使用することが推奨されているめずらしいアイテム。美容成分フラーレンが高濃度に配合された、ハリ肌づくりをサポートする効果がある高保湿マスクです。メラニンの生成を抑制、シミそばかす防止、ハリを維持することでシワたるみの抑制も期待できますよ♪

CICAフェイシャルマスク
マスク・パック
CICAフェイシャルマスク

1,000 円(32 円/日)

EVERYYOUの「CICAフェイシャルマスク」はマスクです。ゆらぎ肌の方が敏感肌に傾かないように、肌の調子を整えてくれるアイテムとなっています。大容量の31枚入りで、美容液が350mlも入っているので、顔にパックした後でも絞れるくらいの水分量です。リーズナブルな価格なので普段使いに最適なアイテムと言えそうです♪

ファーストセンス クーリングジェル
化粧水
ファーストセンス クーリングジェル

3,960 円(132 円/日)

RMKの「ファーストセンス クーリングジェル」は化粧水です。夏の暑い時期にぴったりなひんやりジェルが肌の熱さをクールダウンし、ほてりがちな肌をさらっと心地よく整えてくれる、そんなトリートメントローションが今年も数量限定で登場。紫外線や熱のストレスにさらされがちなお疲れ肌をいたわってあげられる、と販売されるたびに完売してしまう人気の商品となっています。

タッチャ ディープ クレンズ
洗顔
タッチャ ディープ クレンズ

4,400 円(59 円/日)

タッチャの「タッチャ ディープ クレンズ」は洗顔です。タッチャのアイテムの特徴は、独自の発酵液である<HADASEI−3® : ハダセイ-3®>。「身体に良いものは肌にもいい」という考えから、和食に注目し、日本の食材を高度な技術で発酵させて作られた成分なんだそう。脂性肌や脂性肌よりの混合肌の方におすすめのアイテムですよ♪

AQ ホワイトニング エマルジョン
乳液
AQ ホワイトニング エマルジョン

11,000 円(105 円/日)

コスメデコルテの「AQ ホワイトニング エマルジョン」は乳液です。デコルテ独自のコウジ酸が、キメの乱れた肌をやわらかくし、肌のくすみ感を明るくしてくれるエマルジョン。ハリのある素肌を叶えて、紫外線で蓄積しがちなシミのもとを防ぎ、透明感のある健康的な美肌をもたらしてくれます。優雅なフローラルの香りが特徴です♪

K2 プライムローション コンディション3
化粧水
K2 プライムローション コンディション3

4,400 円(73 円/日)

ディアウーマンの「K2 プライムローション コンディション3」は、話題の成分がふんだんに配合されたリッチな化粧水です。配合成分には、話題の馬プラセンタやフラーレンの他、加水分解卵殻膜やトリプルペプチドなど先端材料がふんだんに配合されています。普通のコスメだと、これらの成分が一製品で一種類くらいなのに、これだけ入っていると、ちょっと贅沢ですよね。これだけ盛りだくさんな配合ですが、テクスチャーはべたつきがなく、わずかにとろみがある感じで、肌になじみやすくなっていますよ。