ブランド名コスメデコルテ
商品名モイスチュア リポソーム
内容量40 ml
こんなお肌におススメ乾燥
標準価格
(税込)
11,000 円
販売会社株式会社コーセー

乾燥肌には、コスメデコルテのモイスチュア リポソームで潤いを長時間キープ!


コスメデコルテのクレンジングクリーム「モイスチュア リポソーム」を紹介します。

コスメデコルテ モイスチュア リポソームとは

コスメデコルテの「モイスチュア リポソーム」は、肌を長時間 保湿する成分「多重層リポソーム」が採用された先行美容液(ブースター)です。

この「多重層リポソーム」は、わずか0.1ミクロンという「超」がつくような微粒子で、肌の隙間から入り込み、肌の奥まで潤いを届けてくれます。

ポイントは「多重層リポソーム」の構造。

この「多重層リポソーム」は、潤いと美容成分が入っている「カプセル」のような形になっていて、少しずつ「カプセル」の外へ潤いと美容成分を放出してくれるみたいなんです。そのため「モイスチュアリポソーム」を付けた後でも時間をかけて少しずつ潤いをサポートしてくれるという仕組みみたいですよ。

「モイスチュアリポソーム」の機能については、コスメデコルテの公式YouTubeチャンネルで配信されている動画が分かりやすいと思います。実際にどんな働きをしているのかが分かれば、使う時の安心感にもつながると思いますので、動画を共有しておきますね。

また「コスメデコルテ コンシェルジュ チャンネル」に「モイスチュアリポソーム」の口コミを中心とした紹介動画もありましたので、こちらも共有しておきますね♪

コスメデコルテ モイスチュア リポソームの使い方

コスメデコルテ「モイスチュア リポソーム」の使い方を簡単にまとめますね。

1.朝と夜、「モイスチュアリポソーム」を使用する前に洗顔をします。

2.手のひらに、「モイスチュアリポソーム」を2~3プッシュとってから、顔になじませます。

コスメデコルテの公式サイトでは、ここまでしか書かれていません。

顔になじませる方法は、人によってさまざまだと思います。手のひらに取ってから顔に「5点盛り」して手のひらをスライドさせながらなじませる方も多いかと思います。

それも一つのやり方だと思いますが、私的おススメは、美容家の小林ひろ美さん式のやり方。
それは次のような方法です。

1.「モイスチュアリポソーム」を両方の手のひらに取ります。

2.手のひらを合わせ揉むように「モイスチュアリポソーム」を温めます。

3.「モイスチュアリポソーム」がなじんだ手を顔に垂直に押し付けるようにして、顔の肌に「モイスチュアリポソーム」をなじませていきます。
この時、顔の中心から外側にかけて、手の位置を徐々に変えていくのがポイントです。(決してスライドさせないように注意です)

この方法が良いなぁと思ったのは、美容家 石井美保さんの考え方に共通した「肌を擦らないスキンケア」であるという点。

「モイスチュアリポソーム」を使うということは、その時点で肌が乾燥しているという状態だと思います。そこで擦ってしまうと、肌にダメージを与えることになってしまいますもんね。

あくまでも肌の上から「モイスチュアリポソーム」を押し込むようになじませるというのが、原理的には正解のような気がします。

この方法は「ビューティーザバイブル」の第8回でも小林ひろ美さんが紹介されています。気になる方は、Amazon Prime Videoでチェックしてみてくださいね。

コスメデコルテ「モイスチュアリポソーム」はおよそ30年の歴史を持つロングセラー商品!

コスメデコルテの「モイスチュアリポソーム」は、1992年に誕生して以来、その処方を変えていないロングセラー商品です。

コスメ好きなら誰もが知っているといってもいい美容液で、親子2世代、人によっては3世代で使い続けているという方もいらっしゃるようですよ。

そんな「モイスチュアリポソーム」は、冒頭でも書いたとおり、先行美容液、いわゆるブースターです。実は1992年当時は「ブースター」というジャンルがまだ確立していなかった時期で、「モイスチュアリポソーム」は「ブースター」の草分け的存在なんだそうですよ。

「モイスチュアリポソーム」の基本技術は、「コスメデコルテ」の中核的な技術といってもいいものみたいで、「モイスチュアリポソーム」の名前が付けられた商品自体数種類が販売されています。もはや、「モイスチュアリポソーム」自体がコスメデコルテの中の一つのラインのようになっています(っ´∀`c)

ちなみに、「モイスチュアリポソーム」関連の商品を列挙しておくと次のようなものがありますよ♪機会があれば、また別記事として紹介したいと思っています。

  • リポソーム トリートメント リキッド
  • モイスチュア リポソーム マスク
  • モイスチュア リポソーム アイクリーム
  • モイスチュア リポソーム クリーム




まとめ

コスメデコルテ「モイスチュア リポソーム」についてまとめました。

コスメデコルテの「モイスチュア リポソーム」は美容家の小林ひろ美さんも美白のための美容液として推薦されているブースターです。

小林ひろ美さんのお話では美白に必要なことは「肌の保湿」なんだそうです。そして肌が乾燥して、ロックされた状態ではどんなに化粧水などで潤そうとしても肌の中に潤いが入っていかなくなります。

そんな時に必要なものがブースターなわけですが、数あるブースターの中でも販売されてから30年近い歴史があり、ブースターの草分け的存在であるコスメデコルテの「モイスチュアリポソーム」がおススメだというわけなんですね。

コスメデコルテって、やっぱりちょっとお高いイメージがあるわけなんですが、それだけの仕事はしてくれるので、投資に値する商品だとは言えますよね( ´艸`)

コスメデコルテ「モイスチュア リポソーム」は公式サイトでは販売されておらず、基本は実店舗による対面販売のみとなっています。アマゾンや楽天でも出品されていますが、公式な販売ではないということのようですよ。多くの場合は問題ないとは思いますが、メーカーサイドとしては「責任を負いかねる」というスタンスのようですので、ご注意ください。

本商品の取り扱い店舗については、公式サイトの店舗検索ページで確認できますので、気になる方はチェックしてみてくださいね。一応リンクは共有しておきますね。

コスメデコルテ取り扱い店舗検索のページ

コスメデコルテの「モイスチュア リポソーム」が気になる方は、公式サイトもチェックしてみてください。

特集記事
official site
おすすめの記事
モイストバランス ローション
化粧水
モイストバランス ローション

6,050 円(134 円/日)

アクセーヌの「モイストバランス ローション」は、特殊な技術で潤い保持成分を業界最小レベルにする「超微細ナノカプセル化」を採用しています。これはただ潤いを与えるだけではなく、化粧水の「浸透力」と「保持力」が重要であるという考えに基づいており、角質細胞のすき間にとても小さくなった保湿成分が入り込むことで長時間肌を潤いで満たしてくれます。

リサージ スキンメインテナイザー EX W1
化粧水
リサージ スキンメインテナイザー EX W1

6,600 円(220 円/日)

リサージの「リサージ スキンメインテナイザー EX W1」は化粧液です。本体容器が特徴的で、トリガータイプになっているので、フタを開ける手間もありません。本体容器の見た目も、シルバーとホワイトでとても高級感があります。リサージ独自のコラーゲンケア成分SPが配合されているので、肌をしっかりと保湿し、ハリを整えてくれるそうですよ♪

セラム 640
美容液
セラム 640

19,800 円(660 円/日)

マリア ギャランの「セラム 640」は美容液です。パリ発のエステティックサロン専売ブランドであるマリア ギャランが新発売した、「ひきしめ」をサポートするセラム。エイジングに関する悩みをお持ちのユーザーニーズに応えた、「顔のスタイルアップ」を目的とした新発想の美容液となっています。40歳以上のエステティックユーザーの主な悩みである、お肌のたるみ。美容液にたるみに対する実感力を求めるお客様が多いことから生み出された、潤いとハリをもたらす高品質のセラムです。

スマイルパフォーマー
マスク・パック
スマイルパフォーマー

6,050 円(1,513 円/日)

カネボウの「スマイルパフォーマー」は笑顔を形作る設計となっているシートマスクです。このシートマスクはマスクの下半分をこめかみ部分にフィットさせることで、口角を吊り上げるような設計になっているんです。そのため、マスクをしている間は実際に口角が吊り上げられた状態になって、筋肉に刺激を与えるというわけなんですね。

スノー アルティメット リフレクションクリーム
クリーム
スノー アルティメット リフレクションクリーム

14,300 円(172 円/日)

ディオールの「スノー アルティメット リフレクションクリーム」はクリームです。4つの効果効能を持つ医薬部外品として承認された薬用美白クリームです。きめ、なめらかさ、透明感といった肌の明るさに関わる要素を1日中ベストな状態に保ち、肌本来の美しい輝きを引き出します。もうひとつ名前の所以になっているのが、その使用感。肌に触れた瞬間に雪が溶けるようになじみ、肌の表面温度を2℃下げるそうですよ♪